Home > 新着情報一覧

平成30年9月13日

取締役の役職変更をいたしました。

取締役に於いて、下記の通り取締役の役職変更をいたしました

2018年9月13日付

専務取締役 岡鼻 孝明 (現職名 取締役)

平成30年3月1日

役員改選しました。

2018年2月28日開催の第60期定時株主総会にて以下役員改選

下記の通り役員を改選し就任いたしました
今後役員一同決意を新たに業務に精励いたす所存でございますので
何とぞご高配の上今後とも一層のご厚誼ご支援を賜りますようお願い申し上げます

代表取締役社長 平松 裕次

   取締役会長 中村 昭夫

   取締役    杉田 修治

   取締役    井上 優一

   取締役    岡鼻 孝明(新任)

   監査役    舩江 美喜男(新任)

平成27年6月23日

「平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金」に採択されました

平成27年6月19日(金曜日)に、弊社の「3次元距離画像センサーによる、介護用見守りシステムの開発」が
「平成26年度補正 ものづくり・商業・サービス革新補助金」に採択されました。


 第一次公募 採択一覧
   http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/h26mono-1-saitaku.pdf

 弊社受付番号:2627110761
 事業計画名:「3次元距離画像センサーによる、介護用見守りシステムの開発」

平成25年10月18日

「平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」に採択されました

平成25年7月31日(水曜日)に、弊社の「小型・低消費電力・高精度で安価な農機用航法センサの研究開発」が
「平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」に採択されました。


〈サポイン事業とは〉
   「中小企業ものづくり基盤技術の高度化に関する法律」の認定を受けた研究開発計画を実現させる為に国が中小企業の研究開発を支援する
   事業(委託事業-100%補助金)です。

 【一般型】採択プロジェクト一覧    http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2013/130731ippanitiran.pdf

 事業計画名:「小型・低消費電力・高精度で安価な農機用航法センサの研究開発」
        ※【一般型】採択プロジェクト一覧の6ページに記載
 開発研究の要約: 農業人口の減少、農業の構造変化やTPP対応等のために、農業の効率化・省人化・ロボット化技術の開発が急がれており、
            トラクタなど農機の運転アシストや自動走行に必要な、高精度で安価な、航法センサ(位置・姿勢・方位・センサ)の商品化が
            要望されているので、RTK-GPSとIMUの統合航法技術により、既存の航法センサと機能・性能は同等でありながら、コストを
            既存製品の1/10以下にした、高精度な農業用航法センサの研究開発を行う。

平成25年10月10日

「平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に採択されました

平成25年6月21日(金曜日)に、弊社の「変位計測用の超安価・高精度GPS観測システムの商品化」が
「平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」に採択されました。


 第一次公募 第二次締切 採択一覧
   http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/24mono-1-2.pdf

 弊社受付番号:27120893
 事業計画名:「変位計測用の超安価・高精度GPS観測システムの商品化」

平成24年12月5日

池田泉州銀行主催 平成24年度 「ニュービジネス助成金“地域起こし”」 奨励賞 受賞

平成24年12月5日(水曜日)に、弊社が
池田泉州銀行主催の平成24年度「ニュービジネス助成金“地域起こし”」奨励賞を受賞しました。


ニュービジネス助成金制度は、地域経済の活性化に貢献することを目的とし、研究開発型企業、ニュービジネス事業への
積極的な支援、育成を目指した“地域起こし”の一環となるものです。
今年開催されました「ニュービジネス助成金“地域起こし”」で、弊社のビジネスプランが奨励賞を受賞いたしました。

◆授賞式会場の様子◆

後列中央:長田電機株式会社 取締役社長 平松 裕次

平成24年10月18日

「大阪ものづくり優良企業賞2012」 特別賞 受賞

平成24年10月18日(木曜日)に、弊社が
「大阪ものづくり優良企業賞2012」の特別賞を受賞しました。


2012年10月18日、大阪府より「大阪ものづくり優良企業賞2012」が発表され、弊社は特別賞を受賞することができました。
選考理由として以下の内容を示していただきました。

●選考理由(審査講評)

長田電機株式会社は、1958年(昭和33年)に創業し、トランジスタラジオの製造販売からスタートし、電子部品の販売代行や、1989年(平成元年)に医療機器製造業認可取得後、医療機器の 受託製造を開始した。現在、医療機関向けプリペイド式カードタイマーや、介護用離床センサーなどを開発・製造している。
船舶搭載用電子機器や生化学分析装置の受託設計・生産により培った技術を生かし、オープンイノベーション、産学連携など高度な技術へ挑戦し、同社独自のセンシング技術力を得て、GPSと 加速度・角速度センサーの複合装置やGPS方式高精度計測システムなどの製品を低価格で開発した。
また、、生産の工程内で他責にしない管理体制や、社員全員での5S活動、改善提案活動など、品質向上、コスト削減への取り組みも全社全員で取り組んでおり、創造性のある技術とQCD管理 体制が高く評価され、今回の受賞となった。

平成24年7月20日

おおさか地域創造豊能地域支援事業平成24年度採択事業

「おおさか地域創造ファンド 平成24年度豊能地域支援事業」に、弊社の「RTK-GPSと無線ネットワークによる、GPSメジャーの開発と販路開拓」が採択されました。
2012年7月13日に豊中商工会議所に於いて、採択された事業主3社への交付式典があり、豊中商工会議所の國貞会頭から、出席した事業主に交付決定通知書が手渡されました。

左:豊中商工会議所 会頭 國貞 眞司様
右:長田電機株式会社 取締役社長 平松 裕次

Page top